Korean Football News

韓国国内サッカーのニュースとトピックス

 
1
2
3
4
6
7
8
9
11
13
14
16
17
21
22
23
24
25
26
27
28
02


慶南FC、チーム解体の危機?

2部に落ちたし、お金もかかるから、プロサッカーやーめた、と知事が言ってるみたいな感じです。今さっくり訳したので、誤字脱字あるかもです。すいません。

元記事はこちら


創設9年で2部に降格することになった慶南FCが解体危機に追い込まれた。8日ホンジュンピョ慶南知事は慶南FC特別監査後解体可否を決めることを明らかにした。

道民プロチーム慶南FCはアップダウン制度投入3年目の来シーズン2部リーグに降格する。慶南FCは6日昌原サッカーセンターで行われた昇格プレーオフ2回戦で光州FCと1-1で引き分けた。これにより1-3で敗れた1回戦と合わせて1分1敗とな降格が確定した。

この日2回戦が行われた昌原サッカーセンターの観客は2000人あまりに過ぎなかった。降格が決まると一部のファンは涙を見せていた。

慶南FCはキムテホ前知事(現国会議員)時代の2006年創設され、来年10周年を迎える。これまでSTX、大宇造船海洋、農協、慶南銀行など企業体の公演を受けてきた。チーム運営費には慶尚南道予算も投入されている。

慶南は2005年パクハンソ監督でスタート、2006年からはチョグァンレ監督、2010年からはチェジンハン監督が率いてきた。チョグァンレ監督の時にはFA杯準優勝(2008年)になるなど全盛期を送ってきた。今現在ブランコバイッチが監督代行として率いている。

ホンジュンピョ知事は8日に行われた慶南道庁幹部会で慶南FCについて言及、「特別監査の後チームの解体を決定する」と明らかにした。ホンジュンピョ知事は「この2年間多くの予算を使い、ただの一度も完勝しなかった。惨憺たる結果だ。」と語った。

知事はまた「プロは過程は必要ない。結果だけが重要だ。結果が悪ければすべて悪い。2部リーグ降格は慶南FCの社長と監督、コーチなどのリーダーシップが足らないためだ。みなやめろ。」と話した。

知事はすでに2日入れ替え戦1回戦を前に慶南FCに対して警告をしていた。当時知事は自身のFacebookに「過去2年間、週末のたびに強いストレスに苛まれてきた。市民クラブの限界を実感した。予算の確保も難しくなった。もし2部に降格すればメインスポンサーもなくなりクラブ運営も難しくなる。」と書き込んでいる。

慶南FCの運営が難しくなるかもしれない特別監査の結果にかかっている。慶南FCは2012年アップダウン制度が導入された後2年連続で1部リーグに残留してきたが今回2リーグに降格しさらに解体危機にまで直面することになった。

慶南FCが2部に降格したとしても解体は駄目だという声が出てきている。アップダウン制度導入以後、2部へ降格したチームは光州、大田、江原、大邱とすべて市民クラブだった。
4つすべてのチームが2部リーグに降格したが解体されなかった。大田は降格1年で1部リーグに復帰し、大邱は最近チョグァンレ前代表監督をクラブ代表にむかえ来シーズンを準備している。江原も飛躍のために準備をしている。

慶南FCのファンは「マスコミとHPなどと通じ慶南FCの運営と関連したいくつかの指摘があったし、改善策を求める声があったが、疎通ができていない。ここにきてクラブ主が解体を言い出しショックだ。今は解体ではなくどうすれば発展することができるか意見を収斂するのが優先。」と話す。

慶南FCのHPにはファンが「100億以上投資したというがそのお金はみんなどこで使ったのか」「昨シーズンサポーターにとってすごくつらい事件だった。信じてきた結果が降格だなんて、この状況で責任をとる人は誰もおらず、やめてしまえばそれで終わり?チーム解体は絶対あってはならないこと。」といった書き込みが上がっている。

関連記事


Comments

Leave a Comment


Body

FC2カウンター
Twitter

Twitter < > Reload

 
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR