Korean Football News

韓国国内サッカーのニュースとトピックス

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄智秀インタビュー「K3リーグは”挑戦”だ」

浦項から現在兵役中のため、K3リーグ楊州で選手生活を続けている黄智秀のインタビュー。
今年また兵役のため張學英(城南)がK3リーグソウルユナイテッドに移籍することになり、これからK3が注目されるようになるかもしれません。

去年の10月に訓練所に行き、戻ってすぐ楊州に合流した。友人(申榮禄)がコーチとしており、家も近所にあったから。本当は兵役のためにきたが、満足している。

公益勤務をしながら週に3回ほど練習をして、週末に試合ができるのか心配していた。しかし、違う見方をすれば、自分がどうするのかで、変わってくるということだ。今は自分で時間を作ってトレーニングをしている。そうしないと生き残れないような気がする。

プロにいる友人達が、K3リーグだからといって決して簡単なことではないから、我慢しろと。2年間一所懸命やればまたいい知らせがあるのではないかと思っている。

2年後またプロの舞台に復帰することの怖さはずいぶん前に捨ててしまった。そういう事を考える時間はもう過ぎてしまった。超越してしまった(笑)。
本当は最初は同じ地域の選手達で集まって単純にトレーニングするだけだと考えていた。しかし今はK3リーグの可能性を考えている。これから発展し続けると信じて疑わない。スポーツ選手達がみな尚武や警察庁に行くことができるのか?それに対する代替としてK3リーグが注目をされているのだと思う。これをきちんと生かせば、往年の選手達だけでなく若い選手達にとっても”チャンスの場”として広く知らしめることができると思う。

浦項から楊州まで来てくれるファンもいる。そういうファンをみるととても有難く思う。慶州にアウェイで行った時、浦項のサポーターが慶州に応援来てくれたらしいけど、その時自分は結婚式で行かれなかった(笑)。

今はK3リーグに、すっかり慣れた。しかし絶対にここを安住の地にしない。2年間一所懸命やって、もう一度戻るつもりだ。そして、K3リーグを”引退”という概念で考えるより”挑戦”できるリーグと考えてくれればうれしい。自分は今”挑戦”中なのだ。




KFA公式HPより抜粋翻訳。
関連記事


Comments

Leave a Comment


Body

FC2カウンター
Twitter

Twitter < > Reload

 
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。