Korean Football News

韓国国内サッカーのニュースとトピックス

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kリーグ八百長に関わった18名起訴

これにて収束に向かいそうでほっとしています。
以下6/9付け、スポーツソウルより

地検が9日、捜査結果を発表。元暴力団のブローカーがスポーツトトで巨額の配当金を得るため、出資者からお金を受け取り、選手を買収したと結論づけた。

今回の八百鳥に関わったのは今月初旬に拘束されたブローカー2名と、金東ヒョン(尚武)、自殺した鄭鐘寛、組織暴力団2名を含む18名とされている。

すでに拘束された2名のブローカーのうち元暴力団のKが単独ではお帳を計画し、実行に移したと見られる。彼らは出資者2名から選手買収資金2億8千万ウォンを受け取り、2/6カップ大会大田対浦項と光州対釜山の2試合に対して、2日前、大田の朴相ウクに1億2千万、光州の成京模に1億ウォン私、残りの6千万をスポーツトトにかけた。
出資者2名は選手買収資金を提供したものの、本人たちは掛けることが出来ず、損をしたとみるや、検察に八百長の事実を知らせ、非拘束起訴された。ブローカーはこの日の2試合に1億9千万ウォンを掛け、6億千万あまりの配当金を受け取ったことが確認されている。

ブローカーは八百長を計画している中で金東ヒョンを通し、大田の朴相ウクと鄭鐘寛を紹介され、鄭鐘寛は光州の成京模を結びつけた。

検察は大田の3名の選手を朴相ウクから1100-4000万ウォン受け取った容疑で拘束起訴し、その他大田の選手4名は150-600万ウォン受け取った容疑で非拘束起訴した。光州対釜山に関しては、光州の他の選手達がお金を受け取った状況は出てきておらず、八百長に関わったことが確認されていない。大田対浦項に関して、大田が負けるという情報を前もって入手し、スポーツトトを買った浦項の金正謙も非拘束起訴された。




大田から7人というのが心配です。
頑張れ大田!
関連記事


Comments

Leave a Comment


Body

FC2カウンター
Twitter

Twitter < > Reload

 
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。