Korean Football News

韓国国内サッカーのニュースとトピックス

 
1
2
3
5
6
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06


チョ宰榛現役引退

昨年までG大阪にいたチョ宰榛が現役引退を宣言した。
以下、スポーツ朝鮮の記事より一部抜粋。

「グラウンドを去らなければならない時が来た。選手には致命的である先天性股関節異形成を患っている。遺伝ではない。両親が傷つくかもしれないため、言うことも出来なかった。病院でこれ以上サッカー選手としてやることは無理だという診断を受けた。たくさん悩んだし、後悔することも多いし、とても残念でならない。小学校1年生の時、サッカーを始め、22年が流れた。しかし今別れる時。」


22才の時はじめて痛みを感じた。その時は薬物治療で我慢することができた。しかし年を重ねるにつれ痛みがひどくなりここ2-3年は試合に出ると、我慢出来ないほどの痛みで夜も寝られなかった。
「骨を石でそげとる感じだった。痛みがひどくなるにつれ薬を多く飲んだ。そのうち薬も効かなくなった。内蔵も壊し、夜には睡眠薬を服用するほど痛みが酷かった。」

2007年12月ニューキャッスルと契約に合意したが、メディカルチェックの課程で問題になった。その時は秘密にしていた。ヨーロッパ進出の夢を叶えるためだった。
「その時が一番大きな試練だった。みな実力がなかったからといっていたが、話すことは出来なかった。他のチームへ移籍するのに障害になるのではないか、きっぱりと言うことも出来なかった。とても辛かった。」

昨年末Jリーグの2クラブからのラブコールがあった。最近までKリーグからも手が差し伸べられた。しかしこれ以上選手生活を続けることはチームに申し訳がないと考えた。自らグラウンドを走ることは無理だと判断した。

関連記事


Comments

Leave a Comment


Body

FC2カウンター
Twitter

Twitter < > Reload

 
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR