インタビュー・記事

【 インタビュー・記事 】 記事一覧

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PageTop

[新聞記事]尹基源、本当に自殺なのか?

インタビュー・記事

サッカー界の八百長事件が起こった5年前、当時警察の捜査の結果、自殺とされたGK尹基源(当時23歳、仁川)の死に対し、他殺の可能性が提起された。

KBSの「追跡60分」は17日夜「死のグランド、尹基源、彼はなぜ死んだのか」というタイトルで60分尹基源の死を追った。

尹基源は2011年5月6日、「出会いの広場PA」で死亡した状態で発見された。彼は自身の車の運転席に横たわり死亡しており、助手席に燃えた着火炭があった。100万ウォンが入った封筒も発見された。警察は「検死の結果一酸化炭素中毒による自殺であり、他殺の証拠はない。」とし、この年の7月、事件を集結させた。

追跡60分は、この過程で幾つかの疑惑を提起した。彼が自殺したとされる場所は、1日に5000人が行き交う場所で自殺をするには不適切だという。また駐車管理員たちが、当時も今も長期駐車している車両を集中的に取り締まりをしており、ステッカーまで貼り付けていた。もちろん彼の車にはステッカーは貼っていなかった。警察の捜査によると尹基源の車は4日夜遅く現場に行き、32時間たって遺体が発見されている。32時間もの間、駐車管理員が自殺した尹基源とその車を発見できなかった可能性はすごく低いと番組は見ている。

また、車の助手席には着火炭により焦げたり、車の内部が溶けた痕跡はなかった。今その車は両親がそのまま使っている。

警察の報告書は車が4日の夜11時頃現場に入り、尹基源は1分ほどたった1度車から出ただけで、ずっと車内にいた。その根拠としてその場所に設置された防犯カメラの映像をあげている。しかし、その映像は探すことができなかった。当時捜査を進めていた瑞草警察所にもなかった。当時事件を担当していた刑事は番組との電話で「画質がよくなく、役に立たないので破棄した。」と語った。自殺の証拠とみなされたものが、効用価値がないものに変えてしまったということだ。

追跡60分は防犯カメラで車のナンバーと人の顔を確認することができなかったとした。当時現場では30万画素の防犯カメラが設置されており、今は200万画素が使われている。PAの関係者は番組と通して現在使用中である防犯カメラも夜遅い時間は車のナンバーと人を見分けるのは難しいと話す。

番組は尹基源の死について多くを知ることができるだろうA選手に目星をつけた。A選手は2011年八百長事件が広がった後、海外に移籍した。番組は尹基源の所属チームのチームメートが葬式で酒を沢山飲んだ状態でA選手に対し鬱憤を吐いていたこと、他のチームメートがA選手が尹基源に八百長を強要していたと話したことなどを根拠と提示した。
A選手のエージェントは番組を通して「今は話すのは難しい。」と語った。


番組は最後に、尹基源の死について、知っている人たちの情報提供を求め、捜査当局の再調査を促した。




原文はこちら
スポンサーサイト

▲PageTop

[記事]日本サッカー2部リーグ千葉の生存の秘訣は「地域貢献」

インタビュー・記事

5年間の平均観衆1万人、地域ボランティア・子供の攻略最優先

2014年プロサッカーKリーグが幕をおろしたが、恒例行事のように再び市民クラブの厳しい財政問題が浮上した。さらに来年から2部に降格する慶南のホンジュンピョ代表がチーム解体にまで言及、危機感を募らせている。

市民クラブがチーム運営費の大部分を地方自治体に依存しているため毎年同じ状況が繰り返されているのだ。企業クラブとは違い運営費に確実に責任をもってくれるスポンサーが足らない状況で地方企業の資金支援もうまく行かないなど、一部のクラブは給料にまで影響をもたらしている。

それでは市民クラブが「お金の心配」から抜け出す方法は何か。多くの専門家が「面白いサッカー」「攻撃的なマーケティング」などを上げているが、簡単なことではない。

代表の人気ばかりが高まる中、スター級選手たちは一部企業型クラブに集まり「スター不在」に陥っている市民クラブは人気を得るのも難しい。

今年Kリーグクラシック12クラブの総観客は180万8千220名、試合ごとの平均7千931人にすぎない。平均観客1万人を超えたクラブは水原、ソウル、全北など3つのクラブに過ぎなかった。

チャレンジクラブの状況は更に深刻だ。10クラブの1試合の平均観客は1219名、高陽HiFCは1試合平均が581名だ。

「なぜ観客が集まらないのか」「どうすれば観客が集まるのか」市民クラブの悩みが大きくなる中、日本サッカーK2ジェフユナイテッドの「2部リーグ生存法」は彼らに示唆するものが大きい。

「サッカーが公共財である、という考えを忘れてはなりません。常日頃からの社会貢献活動と子供たちのファンの確保を通し、クラブが地域の住民たちのための存在という点を浮き彫りにすることが重要です。」

15日ソウルのサッカー会館で行われた2014KリーグGMアカデミーで講師にたったジェフユナイテッド市原千葉の高橋薫運営広報チーム長は自治体とクラブの相生法案について話をしつつ、地域貢献を通じたファンの心をつかむことの重要性を強調した。

崔龍洙FCソウル監督が在籍したこともあるジェフユナイテッドは2010年から5年間2部リーグにいながらホームゲーム平均観客は1万81名に達している。千葉市と市原市をホームタウンとするジェフは今年J2リーグから昇格プレーオフにまであがったが脱落、来年もJ2で戦うことになった。さらにジェフは同じホームタウンにプロ野球クラブ千葉ロッテマリーンズもあり、ファンを集めるのはそれほど簡単なことではない状況だ。

これに対し高橋薫チーム長は「野球は試合数が多く、ホームタウンでボランティア活動に消極的だが、サッカーは活発な地域貢献活動を軸に固定ファンを確保しており大きな問題はない」と話す。

ジェフが一番大切にしていることは社会貢献活動を通じた地域住民との密着だ。
選手は1年に90書い以上地域貢献活動に出ている。クラブは毎年、選手の最初の活動としてホームタウン内の保育園、老人ホーム、病院などでのボランティア活動でスタートしている。
地域内小学校でのサッカー教室はクラブのコーチが進め、夏休みなどにはサッカーキャンプを開き、サッカーも習い夏休みの宿題もすることができる空間を提供している。

高橋チーム長は「選手たちが子供たちの夏休みの宿題である昆虫採集活動までもともに参加する。クラブが過去10年間一番一番力を入れてきたのが地域貢献と子供を大賞にしたイベント」だと強調した。

特にクラブは6年連続で地域の小学校の入学式を訪れ、選手たちが新入生にクラブのマークが入った15cmの定規を手渡している。今年までで配った定規だけでも1万個近くになり、毎年クラブの予算編成で1番になっている。

小さい時からチームと近い雰囲気を作り、子供たちが自然とジェフをホームチームとして認識していると高橋チーム長は説明する。

絶え間ない、努力もあったが、千葉市の支援も欠かすことは出来ない。
ジェフは東日本旅客鉄道と古河電工が債権を50%ずつ保有している。市民クラブとは性格が違う企業型クラブであるが千葉市市庁は後援会員「絆会」を組織ししっかりとした支援軍の役割をしている。

今年ジェフを後援する企業は177にのぼる。当初東京を中心においた大企業スポンサーからスタートし今は千葉市と市原市の地元企業が多く参与する力強いクラブになった。

結局10年に渡り、絶え間なく続けてきた地域貢献活動が観客を呼びよせ、それによりスポンサーが増える好循環構造が出来てきたということだ。

高橋チーム長は「クラブもひとつの企業であるが、絶え間ない地域貢献活動に出ることで、公共財の性格を持つことになった。それにより市でもチームを地域住民のための公共財会社として認識し、拒否感なく支援してくれている。10年続けてきた貢献活動と子供のファンの確保の結果物」と説明した。




元記事

▲PageTop

慶南FC、チーム解体の危機?

インタビュー・記事

2部に落ちたし、お金もかかるから、プロサッカーやーめた、と知事が言ってるみたいな感じです。今さっくり訳したので、誤字脱字あるかもです。すいません。

元記事はこちら


創設9年で2部に降格することになった慶南FCが解体危機に追い込まれた。8日ホンジュンピョ慶南知事は慶南FC特別監査後解体可否を決めることを明らかにした。

道民プロチーム慶南FCはアップダウン制度投入3年目の来シーズン2部リーグに降格する。慶南FCは6日昌原サッカーセンターで行われた昇格プレーオフ2回戦で光州FCと1-1で引き分けた。これにより1-3で敗れた1回戦と合わせて1分1敗とな降格が確定した。

この日2回戦が行われた昌原サッカーセンターの観客は2000人あまりに過ぎなかった。降格が決まると一部のファンは涙を見せていた。

慶南FCはキムテホ前知事(現国会議員)時代の2006年創設され、来年10周年を迎える。これまでSTX、大宇造船海洋、農協、慶南銀行など企業体の公演を受けてきた。チーム運営費には慶尚南道予算も投入されている。

慶南は2005年パクハンソ監督でスタート、2006年からはチョグァンレ監督、2010年からはチェジンハン監督が率いてきた。チョグァンレ監督の時にはFA杯準優勝(2008年)になるなど全盛期を送ってきた。今現在ブランコバイッチが監督代行として率いている。

ホンジュンピョ知事は8日に行われた慶南道庁幹部会で慶南FCについて言及、「特別監査の後チームの解体を決定する」と明らかにした。ホンジュンピョ知事は「この2年間多くの予算を使い、ただの一度も完勝しなかった。惨憺たる結果だ。」と語った。

知事はまた「プロは過程は必要ない。結果だけが重要だ。結果が悪ければすべて悪い。2部リーグ降格は慶南FCの社長と監督、コーチなどのリーダーシップが足らないためだ。みなやめろ。」と話した。

知事はすでに2日入れ替え戦1回戦を前に慶南FCに対して警告をしていた。当時知事は自身のFacebookに「過去2年間、週末のたびに強いストレスに苛まれてきた。市民クラブの限界を実感した。予算の確保も難しくなった。もし2部に降格すればメインスポンサーもなくなりクラブ運営も難しくなる。」と書き込んでいる。

慶南FCの運営が難しくなるかもしれない特別監査の結果にかかっている。慶南FCは2012年アップダウン制度が導入された後2年連続で1部リーグに残留してきたが今回2リーグに降格しさらに解体危機にまで直面することになった。

慶南FCが2部に降格したとしても解体は駄目だという声が出てきている。アップダウン制度導入以後、2部へ降格したチームは光州、大田、江原、大邱とすべて市民クラブだった。
4つすべてのチームが2部リーグに降格したが解体されなかった。大田は降格1年で1部リーグに復帰し、大邱は最近チョグァンレ前代表監督をクラブ代表にむかえ来シーズンを準備している。江原も飛躍のために準備をしている。

慶南FCのファンは「マスコミとHPなどと通じ慶南FCの運営と関連したいくつかの指摘があったし、改善策を求める声があったが、疎通ができていない。ここにきてクラブ主が解体を言い出しショックだ。今は解体ではなくどうすれば発展することができるか意見を収斂するのが優先。」と話す。

慶南FCのHPにはファンが「100億以上投資したというがそのお金はみんなどこで使ったのか」「昨シーズンサポーターにとってすごくつらい事件だった。信じてきた結果が降格だなんて、この状況で責任をとる人は誰もおらず、やめてしまえばそれで終わり?チーム解体は絶対あってはならないこと。」といった書き込みが上がっている。

▲PageTop

[訃報]元富川の尹晶椿死去

インタビュー・記事

昨日の夜入ってきたニュースでびっくりしています。一晩すぎてもあまり詳細が出てこないのが残念ですが。

元富川SK、大田の尹晶椿が9/1心臓麻痺により急逝したとのこと。享年41歳。

1992年に当時油公コキリ(その後富川SK、現在の済州ユナイテッド)に入団、当時はそれほど多くなかった高卒選手でした。
ニポムニシ監督時代、尹晶煥、李乙容などと富川の中盤を作り上げ、その後の富川の黄金期を支えた選手。

2005年に大田に移籍、その年に現役を引退しましたが、2009年に現役復帰。チャレンジャーズリーグ慶州の選手兼コーチとして2012年までグラウンドに立っていました。

2013年は富川FC1995のコーチ、監督代行を努めた後、今年は地元順天に戻り、ジュニアユース世代の育成に尽力を尽くしていたとプロフィールには書いてあります。

尚、故人のすべての臓器は提供されるそうです。


故人の冥福をお祈り申し上げます。


参照記事

▲PageTop

尹晶煥「クラブと合意のもと退任した。今回のことと代表チームは関係ない。」

インタビュー・記事

スポータルコリア(13/08/08)より。

サガン鳥栖を1位に引き上げた尹晶煥監督が突然指揮棒を下ろした。8日日本のメディアは一斉に尹晶煥監督と鳥栖の決別を大々的に報道した。国内でも日本のメディアを引用し報道した。


尹晶煥監督は19節まで終了したJリーグで鳥栖を1位に引き上げた。このままの順位を維持していけば鳥栖にJリーグ初の優勝をもたらすことも出来た。尹晶煥監督はテクニカルアドバイザーから、コーチを経て監督まで指導者として一段ずつ登っていた。万年2部リーグチームだった鳥栖は尹晶煥監督と共に1部に昇格し、1位の座にもたった。彼は鳥栖の象徴ともいえる存在だった。

報道が出た後、尹晶煥監督と電話インタビューを通じ話を聞いた。受話器を通して聞こえてきた彼の声は淡々としていたが、一方では残念さもにじみ出ていた。
尹晶煥監督は「大丈夫」と現在の心境を伝え「クラブの計画と来年の事情を考えた時、今が監督交代のチャンスだと方針を下した。だからクラブの発展と成長のため、そして自身の発展のためお互いの合意の元退任することにした。昨日(7日)球団社長と話をし、退くことにした。」と語った。

しかし、彼は「ただ、1位であるチームから出ることは選手たちに申し訳ない。」と自身を信じてついてきてくれた選手たちに申し訳ないという思いを口にした。そして「鳥栖で指導者生活を始めたので愛情もある。いい結果を出すために一生懸命やった、最善を尽くし選手たちとチームを作ってきたので後悔はない。」と付け加えた。

Jリーグの優勝を味わえないことに着いては、またチャンスがくれば挑戦したいと答えた。

日本のメディアでは尹晶煥監督が鳥栖を離れる理由として韓国代表チームコーチ、U21代表監督になるためだと推測している。これに対し尹晶煥監督は「代表チームになるためにやめたという報道は見た。今回の事とは関係がないこと。」と一蹴した。
彼はまだ今後のことは決めていない。突然の退任たが、「家族がより大きな挑戦のため励ましてくれている。今後のことはゆっくり考えたい。」と話す。

また彼は「今後鳥栖がより成長しよいチームになっていくことを期待している。」と鳥栖がよりよいチームになることを願っている。




元記事:http://www.sportalkorea.com/news/view.php?gisa_uniq=2014080809030813§ion_code=20&key=&field=&search_key=y

▲PageTop

Menu

FC2カウンター

最新記事

Twitter

Twitter < > Reload

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。